Find My Tokyo

Find My Tokyo 浦安・中野篇 ガールズアワード2017 ド2017 SPRING/SUMMER スペシャルゲスト

5月3日。ゴールデンウィーク後半の初日ということでFind My Tokyoしてきました。

その最中、ピロロ~ンとスマホの通知音がなったので画面を見てみると「石原さとみのツイートが急増中」とのこと。何事と思って急いでYahooリアルタイム検索アプリを開くとどうやらガールズアワードにさとみちゃんがシークレットゲストとして登場したということでした。

前回、麻布十番に言ったときにも、さとみちゃん主演のドラマ、「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の発表がありましたが、私がFind My Tokyoすると何かが起こるなあと思いました。

このガールズアワードのステージでさとみちゃんが仕事に対して「0から1にしていくものが3つある」と言っていました。

一つは前々からさとみちゃんがやりたいと言っていた舞台のことかなと思います。さとみちゃんが来年ぐらいにファンのみんなに会えるかも知れないといってたこととも符合しますし。

また、3つのうち一つは「スッゴイ悩んだんですけど、やりたいですって言って全力で今取り組もうとしている」ものだそうで、今までやったことのない何かで、かなりプレッシャーのあるものなのが分かります。

もしかすると有名原作ものか、人気シリーズの続編という線もあるかもしれませんね。最近、ネットで噂になっているケイゾク、SPECの流れを組む新作が制作されるかもという話。そういった作品なら当然プレッシャーを感じつつも、やりたいと思うんじゃないかなと思いました。

また、さとみちゃんは3つといっていましたが、通常、ドラマや映画などは1年以上前に決まっていると思いますので、今年の仕事については前のマネージャーさんの時に既に決まっていたと思われます。

それを踏まえた上で、ここ何年かのさとみちゃんの仕事の傾向をみると、夏頃に映画(撮影するものと公開されるもの)と単発のドラマ、10月期に連ドラというのが定番になっていますので、今年後半は例年通りで、来年にかけてさとみちゃんの新しい挑戦がみられるのかなと思います。

何にしてもこうしていろいろと想像して楽しめることも嬉しいことですよね。

それでは、Find My Tokyo 浦安、中野篇について書いていきたいと思います。

浦安 さつまや本店

まずは、浦安のアサリとハマグリの串焼きの店「さつまや本店」さん(http://findmy.tokyo/challenge/106)に行きました。

さつまや本店外観

さつまや本店

お店に入るとアサリやハマグリを焼く香ばしい香りが漂ってきて食欲をそそります。店内ではアサリやハマグリに串をとおす人、それをテキパキと並べては焼いては、タレに漬ける人と忙しく働いていました。

さつまや本店 ショーケース

さつまや本店 店内

さつまや本店 串焼き風景

さつまや本店 串焼き風景

既に何人かのお客さんがいましたが、やはり持ち帰りの方ばかりでしたのでどうしようかと思ったのですが、私の場合地方から来ていて、この後もあちこち回る予定もあり、焼いているとはいえ一日中常温で持ち歩くのは不安だっため、店員さんに店内で食べていいか聞いたところ、大丈夫とのことだったので、お店の中にある小さなカウンターで食べさせていただくことにしました。

1、2本だけ注文するのも失礼かと思い、また少しは売り上げに貢献しようとも思ってアサリとハマグリの串焼きをそれぞれ5本づつ注文しましたが、これはちょっと無謀だったかなと後で後悔しました。今思うと店員さんもちょっと驚いていたような気がしますし。
(^_^;

まずアサリの串焼きを味わいました。

アサリの串焼き

アサリの串焼き

新鮮なあさりの風味が口いっぱいに広がって開店当初から継ぎ足しで受け継がれてきたという秘伝のタレの絶妙な甘じょっぱさと相まっておいしかったです。アサリのコリコリとした食感を味わいながら去年行った門前仲町の深川飯を思い出していました。

しかし、3本目ぐらいまで食べたところで、その歯ごたえが仇となり次第になかなか飲み込めなくなってきて、これは5本は無謀だったかなと不安になって来ました。結局、食べきるのに10分ぐらいかかったと思います。

次にハマグリの串焼きをいただきました。

蛤の串焼き

蛤の串焼き

こちらはアサリ以上のコリコリとした弾力の食感で、一口噛む毎に焼いたハマグリの旨味が滲み出てきて口の中にいっぱいに広がります。タレを付けるとさらにハマグリの味を引き立てていて、ご飯と一緒に食べたらおいしいだろうなと思いました。ただ、こちらも残り2本ぐらいがなかなか飲み込めずに食べきるのに時間がかかってしまいました。

これから行かれる方は、東京在住の方は持ち帰りで家でゆっくり味わうのが良いと思います。

浦安 猫実で猫を見つけよう

続いて、猫を探しにFind MyTokyoのホームページに掲載されていた猫実(ねこざね)(http://findmy.tokyo/challenge/110)に向かいました。

ところがここで私の事前のリサーチ不足が露呈してしまいます。

てっきりホームページに掲載のGoogleマップにマークされている浦安市消防本部付近に猫実5丁目の看板と猫が沢山いるのかと思ってそこに向かったのですが、付いてみると看板も猫も見当たらない。

もう一度よく見ると、そこは猫実1丁目で、5丁目は浦安駅の方だということが分かり、猫を探しつつ引き返す羽目になりました。

ところが行けども行けども猫1匹見当たりません。猫実は看板に偽りあり?(もともと猫実という地名と猫は無関係なのだそうですが。)

しばらく歩くと猫を1匹発見。しかし、写真を撮ろうとスマホを構える前に逃げられちゃいました。

さらに数km歩いたところで車道のあちら側を歩く黒猫を発見。住宅の塀の間に入っていったのでスマホを向けると「何か用かニャ」とでもいうように振り返ってこちらを眺めていました。

黒猫

黒猫

結局、発見した猫はこの2匹だけでした。実はチャレンジ動画の方ばかり見ていてCM動画を見返していなかったため、「猫実珈琲店」というものがあったことに帰ってからCM動画を見直して気づきました。そこに行けばCMの猫に会えたかも知れなかったんですね。

また、魚市場の方は行ってもしょうが無いなと思っていたのですが、やはりCM動画で海鮮丼が食べられる店があったことが分かりこちらもショックでした。

事前のリサーチは入念にしようと反省しました。

中野 まんだらけ中野店 変や

そして、東西線に乗って中野に向かいました。まず向かったのはさとみちゃんがおもちゃに変な(失礼)名前を付けていた中野ブロードウェイにあるまんだらけ中野店 変や(http://findmy.tokyo/challenge/79)です。

こちらでは、さとみちゃんが「血管くん」と名付けたタコ型のおもちゃをみつけることができました。

血管くん

血管くん

しかし、「ガムベーくん」はみつけられませんでした。もしかすると既に買われてしまったのかも知れないですね。

中野 デイリーチコ

次は、同じ中野ブロードウェイ内にある8段アイスの店、デイリーチコ(http://findmy.tokyo/challenge/80)に行きました。

ディリーチコ

ディリーチコ

実はここでも私の中途半端な記憶から8段ではなく7段アイスを下さいと言って店員さんにハァ?って顔をされてしまいました。(^_^;

結局、特大ですねと言って渡してくれたものがこちらです。やはり迫力がありますね。

8段(特大)アイス

8段(特大)アイス

当日の気温は24℃ぐらいでそれほど暑い訳ではなかったですが、さすがにこの量のアイスが溶ける前に食べるのは大変で、ほんとに時間との闘いでした。最後は手がベトベトになりながらもなんとか落とさずに食べきることができました。

これからの季節はもっと早く溶けると思いますのでアイスの早食いに自信のある方以外は危険かも知れません。あと、ティッシュは必需品です。(近くにトイレがあるので手を洗うことはできます)

中野 大怪獣サロン

最後にカフェバー大怪獣サロン(http://findmy.tokyo/challenge/78)に向かいました。

大怪獣サロン

大怪獣サロン

お店は思ったよりもこじんまりとしていて、2~3人座れるぐらいのテーブル席が3つと2人が座れるカウンター席があるのみでした。店内にはソフビの怪獣やおもちゃが所狭しと並べられておりレトロな雰囲気で昭和に時代にタイムスリップしたような雰囲気を味わえました。

こちらではさとみちゃんも食べていた大怪獣オムライスと銀河サイダーを注文しました。

大怪獣オムライスはふわとろの卵に包まれたチキンライスが、母親の手作りのような素朴な味わいで美味しかったです。

大怪獣オムライス

大怪獣オムライス

銀河サイダーはその名の通り、銀河をイメージしており、星形の砂糖がサイダーの炭酸の泡で上下に動く様を見ているのが楽しかったです。

銀河ソーダ

銀河ソーダ

さて、今回は一気に浦安と中野をFind My Tokyoしたのですが、事前のリサーチ不足でいけなくて残念なところもありました。いつか機会があれば今回いけなかったところにも行ってみたいと思います。

Return Top